>  > 丁度良い風俗かもしれない

丁度良い風俗かもしれない

自分にとってですが、ピンサロが丁度良い風俗なのかなって思うようになってきました。ピンサロは待ち時間も短いし、それでいて女の子とあれこれ話すのではなく、軽く話したらすぐにフェラ。これくらいが丁度良いというよりも、むしろ自分にとっては理想そのものかもしれないなって。女の子との会話も嫌いじゃないんですよ。ただ、風俗を利用する理由は話したいからではなくて気持ちよくしてもらいたいからこそ。話したいだけであれば他にもいろいろなサービスがあるじゃないですか。そうじゃないんですよ。気持ち良くさせて欲しいんです。そんな考えの自分にとっては、理想の風俗はピンサロなんじゃないかなと思うようになりましたね。すぐに楽しめるし、他の風俗と比べると安いので、他だと月に一度程度でも、ピンサロであれば月に二度くらいは使えますね。経済性も含めて、自分にとって様々な面で魅力的なので、今後は当分ピンサロのお世話になることが多いんじゃないかなと。

ワイルド感のある子でした

ワイルド感のある風俗嬢のFちゃんは、見かけ通りに豪快な風俗嬢でした。私服も豪快でした。お洒落なのか、それともどこかでそうなったのか分からないようなダメージジーンズ。しかもミニの短パン。はっきり言って、もはやそれはパンツなのではないか。パンツそのものも見えているんじゃないかとか、いろいろと想像力を刺激させられるものでした。見ただけで何となくこちらとしても興奮してきましたけど、そもそも上だってブラジャーなのかシャツなのか分からない程。もはや彼女に関しては服なんてものがないんじゃないかって思う程の露出。そんな彼女なだけに、実際に彼女とお手合わせしてみて相当な満足度になりました。それまであまりギャル系の風俗嬢とは楽しんだことがありませんでしたけど、これだけ男に対してアクションしてくれるなら、ギャル系風俗嬢にガンガン攻められたり、ノリの良いコミュニケーションを楽しむのも良いなと。いろいろと衝撃的でしたね。

[ 2016-12-11 ]

カテゴリ: 風俗体験談